リフォームは構造によって進め方が異なります

構造によって臨機応変な対応がリフォームには不可欠です

群馬県玉村町

リフォームを進めるにあたって、特に大切なことは構造を把握する事なのです。

一般的な住まいの構造では木造軸組工法と言われる木材を使用した建物が普及しております。
しかし、都心部やその間取りの特性上、鉄骨造なども手掛ける事があります。

構造によって何に配慮が必要になるかと考えますと、間取りの変更、電気配線の増設や移動、配管のメンテナンスや入れ替えなどが挙げられます。
主に水廻りになります浴室、洗面、キッチンやトイレ等の入れ替えに大きく関与してくると思われます。

この場合、お施主様のご要望にお応えするためのスキルとご提案が必要になり、リフォーム後の納まりをご説明し、それを実行できる技術者が不可欠なのです。

今回のリフォームでは重量鉄骨造で骨組みが構成されており、力の配分が計画されております。
周囲の壁には組積造を採用してありますので「不燃構造」という意味ではとても有意義な建物です。

しかし、リフォームには事前の計画と状況による臨機応変な判断が要求されます。
特に配管は床下を通すことで全ての配管を交換し、電気配線は天井の隙間を計画する事で露出配線を大幅に隠すことが出来ます。

そうする事で仕上がりがとてもスッキリしますのでモダンな空間を表現できるプランが成立します。

折角のリフォームですから、使いやすく、しかもこだわりある空間をご提案したいと考えます。
建物の特性を活かしながら快適な空間を実現するための努力と経験を重ねる当工房のリフォームを是非、ご覧下さいませ。

本日は大規模改築リフォームをご紹介しました。

大規模改築リフォーム作品例

http://www.akogale-juukuukan.com/gunma_zoutiku_reform.shtml

カテゴリー: 内装リフォーム タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください