レッドシダーを張る事でナチュラルなスタイルへ

重ね張りリフォームでイメージは思いのままに変えられます

群馬県玉村町

ベランダの腰壁の上から化粧羽目板を張り上げるとイメージがグッと引き立ってきます。
羽目板に限らず、防火サイディングを既存外壁の上から重ねて張る事でも外観は見違えるように見栄えるものです。

重ね張りとはある仕上げ材の上から同等以上の性能を保つ素材を張り上げる事なのですが、これにはもう一つ大きな効果があります。
そらは意匠性の向上です。

和風だった外観からガラッと洋風に様変わりさせる事も可能です。
しかも解体する費用を抑える事も出来ますので非常に有効なリフォームとも言えますね。

特に外壁の重ね張りの場合は雨漏れしている場合に効果的です。
既に雨漏れしている部位が判別されているのであれば結構なのですが、稀に水の侵入経路が不明な場合があります。
私も25年以上建築に携わっておりますが2、3回程経験がありました。
しかし、重ね張り工法を用いる事でイメージを一新させ、尚且つ雨漏れを止める事も出来ました。

今でも外観リフォームの代表的な方法はやはり塗装と言えます。
塗装膜を形成する事で耐久性が増し、そして撥水性を復活させる事が出来るからです。

そこで更に画期的に外観を変える事の出来る重ね張りを併用し、素材やデザインにこだわる事で建物は更に引き立ち、進歩していくものだと思います。

外観が変わっていく様は観ていて驚きと感動に包まれます。
外観リフォームは大切な住まいを外的要因から守り、ご家族の安全を担います。

私どもではお客様の「こうしたい!」という思いをコーディネートする事で最良のリフォームが実現できるものと信じております。

本日は外装リフォームをご紹介しました。

外装リフォーム作品例
http://www.akogale-juukuukan.com/gunma_gaiheki_reform.shtml

カテゴリー: 外壁リフォーム パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください