面で囲う構造で耐震性を確保する

枠組壁工法で造る住まい

群馬県玉村町

枠組壁工法とはツーバイフォー工法の別名になります。
この工法の特徴は外側の合板で上からの力を分散させる事にあります。

建物全体で地震や大風の力を受け流しますので強度は抜群です。
画像でもお分かり頂けますが、使用する木材の量が多いのも納得できますね
この工法も仕組みを理解していれば強くて自由性のある空間が実現できるのです。

今回は新築のご紹介になります。
十分な計画と住まわれるご家族様の理想を形にする大切な仕事になります。
計画にあたっては「耐震性」「断熱性」「意匠性」に留意しました。

強くて、温かくて、カッコいい住まい

外観だけでなく室内にもこだわりのある空間をご提案してあります。
後ほど公開致しますので暫くお待ち下さい。

新築技術の延長線上にリフォームが存在します。
しっかりしたリフォーム計画と工事ができる会社は新築も安心できると言えますね。

私どもの原点はこの新築工事から始まっています。
そこから試行錯誤して辿り着いた技術が今の当工房のリフォームです。

是非、リフォーム会社の新築工事もご確認下さいませ。

本日は新築工事をご紹介しました。

新築 増築リフォーム作品例
http://www.akogale-juukuukan.com/gunma_zoutiku_reform.shtml

カテゴリー: 増築リフォーム パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください