新築の住まいで「らしさ」を求めたい

新築の住まいで理想の空間を実現

当工房では枠組壁工法(ツーバイフォー)の構造に重点を置いた設計をしています。
最近の軸組工法も十分な強度が確保できるのですが、やはり気密性と安定性では枠組工法の方が有利に思えるからです。

壁や床、もちろん屋根についても「面」で力を受け流しているからこそ地震や大きな風にも強い耐久性を見せるのでしょう。

新築の住まいで追及される傾向がこの耐震性能と断熱性能になっている様子です。
枠組工法は耐震性のはもちろん、外部の壁にも構造用合板が張られていますので建物全体の気密性能が上がる仕組みになります。
そして断熱効果の高い断熱材を充填することで屋内の温度が均等化されて過ごしやすい環境が実現できるのです。

大きな空間が造りやすいメリットも挙げられると考えています。

ただ、デメリットもい存在します。
それは、新築後に月日が流れ、間取りを変えたいと思われた時なのです。
軸組のように容易に壁を抜く事が出来ません。

枠組工法の間取り変更改修には技術と理論的な仕組みを理解している技術者が不可欠なのです。
この状況をしっかりと押さえることで間取り変空型リフォームは可能になりますのでご安心下さい。

当工房ではリフォームだけでなく、蓄積された技術と経験で新築工事もリーズナブルに請け負っております。
是非、ご検討の際にはお見積りをしてみてはいかがでしょうか。

御見積りは無料で行っております。

カテゴリー: 投稿, 新築の住まい パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください