水漏れで床が抜けそうになってしまう

トイレの水漏れが起きている現実

群馬県高崎市

トイレの便器から水漏れと聞くと驚く方も多いと思います。
しかし、結構多い事に気づきます。

今回のリフォームでは便器の設置面から水が漏れており、フローリングを腐敗させていました。
長い期間、放置してしまった様子でしたので床はフカフカになっていて、床が抜けてしまう危険がありました。

そこで、便器交換と同時に床の補強を施しながら内装をきれいにするご提案でトイレの改修を進めました。

便器の取り外しや床の解体を行う過程で当時の業者様の思惑や考え方が伝わってきます。
それもリフォームの醍醐味の一つなのかもしれません。

原因が見えてきてから対策を講じ、補強へと進む。
プロとして気が付く限りの方法を考える。

それが私達の大切な仕事だと思います。

お施主様にご負担をかけないように工事は一日で完了。
リフォームの奥深さを感じるひと時です。

本日はトイレリフォームをご紹介しました。

トイレリフォーム作品例
http://www.akogale-juukuukan.com/gunma_toilet_reform.shtml

カテゴリー: トイレリフォーム タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください