構造接合部の微調整

いよいよ床と天井を繋ぐ作業になります

微妙に違う高さを何種類ものパッキンや厚みを利用して表面の高さを合わせていきます

この作業には結構な熟練度が要求されており

若手の職方ではまだま難しいかもしれません・・・

しかし

熟練された親方の手にかかると

この様にしっかりと繋ぎ目が合って仕上がりも奇麗にあがって参ります

リフォームの醍醐味はやはり

職方の熟練さと工事担当の判断が重要かもしれませんね

カテゴリー: 内装リフォーム タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください