軒天井仕上げを不燃仕様へ

本日は軒天仕上げを現況のラワンベニヤから珪酸カルシウム素材の不燃ボードへの変更工事を行います

年限と共に表面も劣化してきて

なんといっても不燃仕様になっていない建物は延焼時の備え不備になります

いざと言う時の備えも肝心です

軒天_ケイカル板

2階の軒周り全てと1階ピロティー部の天井、そして庇部分の軒裏も同時に不燃化完了です

次はシーリング施工を行い防水補強後に塗装となります

意匠と性能を追求したリフォームです

カテゴリー: 外壁リフォーム タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください