木下地が現しになっている場所は入念に

キシラデコール塗布

今日は穏やかな日和でとても有難い天候となっています。

現場では破風板の塗装作業を行っています。

今では新築時に不燃板や板金をま巻くことが多い部位ですがリフォームでは木が現しになっていることも多く見受けられます。

着色前に防腐性があり、耐候性の強い材料を下塗りしてから仕上に進みます。

 

カテゴリー: 外壁リフォーム タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください