スケルトン解体中

スケルトン解体

壁や天井の下地が取り外されて構造躯体が見えるようになってきました。

ここまで構造を剥きだしにする事で納まり状況や補強の有無などの確認が容易になります。手解体だからこそ出来るリフォームだと思います。

 

カテゴリー: 内装リフォーム タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください