中古住宅リフォームで事前点検と確認

中古住宅 床下

中古住宅の役割は大きく変わってきました。今回は購入に先立ってリフォーム金額の御見積もりと内部診断を確認する作業になります。

図面と実際の施工状況を照らし合わせながら進めていきます。築35年経過している住宅ですが構造は少々手を入れるくらいで大丈夫な状況でした。床下と小屋組みに潜って確認しますのでリフォーム後も安心してお住まい頂けそうな住宅だと思います。

 

カテゴリー: 断熱リフォーム タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください