構造状態を確認しながらリフォーム

自由な間取りでリフォーム

築30年以上経過している建物だと現在のセオリーのみならず、様々な状況が予想されるのがリフォームです。

下地を撤去してから構造や納まりを確認し、そして次回のリフォームで次の施工店様が困らないように納まりを造り直していく事で建物の性能向上と私共の技術向上に大きく関わる事が出来ると考えます。

今だけでなくこれからを大切にしたリフォームを追求したいと考える事が大切なのではと思います。

 

カテゴリー: 内装リフォーム タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください