浴室リフォームで壁断熱材を交換


浴室解体が完了しましたら外周壁へ100mm厚のグラスウールを入れていきます。新しいシステムバス本体にも断熱材が施工されているのですが構造躯体にも充填補強を行っています。

タイル張りの造作浴室の壁には断熱材が施工されていない事もしばし見受けられますので性能を向上させる良い機会になったと思います。

 

カテゴリー: 断熱リフォーム タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください