枠材や窓台もお好みのカラーで着色


クロスの仕上げ工程の前にドア枠や窓台などの枠材を空間のイメージに合わせて着色していきます。

新規の部材のみでなくご要望に応じた既存枠材の塗装も同時に進めますのでフロアがスッキリと見えてきました。

リフォームした所だけに留まらず全体をリフォーム範囲として考えますと違和感のない演出が出来るように思われます。

 

カテゴリー: 内装リフォーム タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください