駐車場外構工事 エクステリアプラン

外構 エクステリア工事

群馬県高崎市

本日から駐車場の外構工事となりました。
事前に現場の各地点の高さを図面に書き写しながら打合せを進めてきましたので工事前の段取りはスムーズに進みました。

土留と言われる擁壁基礎の底版を重機で掘り下げ、三方向の異なった高さを実際に写し取っていきます。
擁壁基礎に記された斜めの線が新たな駐車場の仕上がり面となります。
実際の大きさを確認しながら高さや勾配を確認していくと、より確実に完成を想像する事が出来ます。

工事を進めるに当たって、北側道路との境界付近の設けられた雨排水の桝が少々高くなっていましたので今回の工事で切り揃えをする事が出来ます。
様々な段取りを想定する事で見えてくる壁を処理する事がリフォーム初日の大きな役目と言える気がします。

スラブ底版の締め固めと下地処理が
整いましたら型枠、配筋へと作業を進めます。
今回は玄関土間の増設も行いますのでステップの先打ち込みも考慮する必要があります。

リフォームの場合は常に事前の打ち合わせとその場の対応の大切さを感じます。
タイルの付けしろの確認もできましたので、駐車場の外構工事も今週で完工する事が出来そうです。

図面を確認しながら完成を想像しますと、リフォーム工事前との大きな変化が見えてきました。

外構工事 エクステリアプラン計画
https://www.akogale-juukuukan.com/gunma_gaikou_reform.shtml

カテゴリー: 外構リフォーム タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください