造作完了で次は仕上げ工事

内装造作リフォーム

群馬県太田市

内部の造作工事(大工工事)が予定通りに完了しましたので次に仕上げの工程へと進みます。
増築した部分と既存部分の接続を構造でしっかり繋げ、そして造作で一体的な下地へと造り直していきます。
ボードで見えなくなってしまいますが様々な下地材が使用されて平坦な壁や床が造られます。

今回は既存からの床下通気を遮断しないように接続部分に空気が流れる層が設けられ、床下は常に一体的な換気環境が整っている状態です。
リフォームを手掛けていきますと建物が本来持っている機能を損なわないように、そして付加価値や補強が追随するように考えを巡らします。

照明器具や特にダウンライトの位置には構造材が中央を走らないように建て方の段階で注意する必要がありますので工事が完了するまで気が抜けません!
だからこそ、リフォーム工事は楽しく思えるし、遣り甲斐があるのでしょう。

クロス工事の前に棚や造作台の塗装を行っています。
ホワイトステインで風合いと趣のある仕上がりを演出する予定です。
内装が進むにつれて内観が更に変わっていく姿はとても爽快です。

内装リフォーム施工事例
https://www.akogale-juukuukan.com/gunma_reform.shtml

カテゴリー: 内装リフォーム タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください