あっと驚くほど輝く室内空間になりました

室内改装リフォーム

群馬県太田市

工事が始まってから約1ヶ月が過ぎ、ようやく完工が見えてきました。
約5畳ほどの室内に6畳ほどの空間を増築してから内装をガラッと模様替えしたリフォームです。
基礎工事から構造建て方工事とリフォームを進めるにあたって予想していた壁を一つ一つクリアしていきながら予定した仕上がりに不都合が生じないように気を配りました。

空間が出来上がり、室内の使い勝手や質感、そして設備機器の接続や配管経路など、各セクションのスタッフたちの機転と経験が建物の仕上がりを劇的に向上させている気がします。
新築もそうなのかもしれませんがリフォームはまさに「チームワーク」が第一なのだと思いました。
3坪の増築も30坪の新築も出入りする職方の数や工種はほとんど変わりがないのですから、解体しながら次を考えて進めていく新たな空間造りはまさに「腕の見せ所」なのだと思います。

数多くの職方が携わり、そして造り上げる空間は芸術に匹敵するのかも知れません。
クロスや床が仕上がり、想像から現実へと空間の姿が変わってくる度にお客様の笑顔が増えていきました。
私たち職人が本当に嬉しく思う瞬間ですね。

内装工事が完了し、明日はクリーニング。
その前日の夜、照明器具が取り付けられ、テレビやデッキ、スピーカーなどの音響設備の試運転も行います。
日が暮れてくると辺りはネオン色に変わり、室内が次第に明るくなってきます。
施工前から劇的に変化したリフォームは何度見ても感動してしまいます。

明日のクリーニングが待ち遠しい気持ちになります。

内装リフォーム施工事例
https://www.akogale-juukuukan.com/gunma_reform.shtml

カテゴリー: 投稿 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください