畳を入れ替えるとイグサの香りが嬉しいです

畳入替

畳入替リフォーム

埼玉県深谷市

畳も時間の経過とともに表面のイグサが擦れてきて格式が損なわれてきます。
使われる頻度によって変わりますが、10年が表替えの目安になるのかもしれません。

今回は28畳の大きな空間の畳の総入れ替えです。
入れ替えが終わりますと部屋中にイグサの香りがして、懐かしさを呼び込んでいる様です。
和室リフォームの醍醐味でもある気がしますね。

さて、畳のリフォームには表替えと芯材を含めた総入れ替えがありますが今回のリフォームでは芯材も交換してあります。
長年使っていると畳全体が波打つようになり、シャキッとしたイメージが薄くなるようです。
イグサは1枚につき、6000本使用しており密度は多めになっているのが特徴です。

使っている草と本数で畳のイメージとお値段は大きな違いとなりますのでご希望と単価をよく検討されることが大切だと思われます。

先行して25枚の畳が敷かれ、もう一度採寸してから残りの3枚の製作をして納めさせて頂きます。
細かいこだわりですが綺麗な仕上がりには不可欠な工程だと思って頂けますと幸いです。
28畳の床を平坦に馴染ませるように最終的には職人の感覚と経験で調整を進めていきます。

畳の良さが改めて見えてきた気がします。

今回は埼玉県深谷市での和室内装リフォームをご紹介させて頂きました。

内装リフォーム施工事例
https://www.akogale-juukuukan.com/gunma_reform.shtml

カテゴリー: 投稿 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください