フレームキッチンで見せるデザイン

建材フェア開催で新商品の確認をイチ早く

東京ビックサイト

東京ビックサイトで開催されている「建材フェア」
年に数回ある住宅関連の新商品プレゼン会場です。
場内は大きな空間の中で数多くのブースに区切られたスペースで個性的な商品をアピールしています。

銘木の特価市や珍しいアイディア商品なども数多く並んでいました。

今回特に目を引いたのは「VR」商品。
これは仮想室内空間を特殊なメガネで疑似体験しながらリフォーム後の感覚を体験するものでした。
結構面白く、ゲーム感覚にも似ています。

次いで定番の設備機器です。
一番大きなブースはLIXILでした。
キッチンシンクの工夫で水切りしやすくお手入れが簡単な商品をアピールしています。

タカラスタンダードは「鋳物」の強みで傷に強く頑丈なイメージが大きい商品ですね。
ホーローでありながら多彩なデザインで石目調を表現しているシステムバスも印象的です。

そして、今回一番きになった商品は
「ウッドワン」のキッチンです。
このメーカーは建材メーカーなので違和感を感じましたが持ち前のデザイン性でキッチンや収納を演出したブースが特徴です。

テーマーは「見せる」空間
ブース内もヴィンテージな感じがあり、とても特徴的に感じられました。お客様の好みやご要望に合わせた様々なご提案が出来そうです。

年に数回ですが、各社一斉に目玉商品を押し出した会場は熱気に溢れています。
ここでの情報はとても参考になり、流行を知る一番の近道だと思います。リフォームをご提案する上でとても有意義なイベントに足を運べました。

今回はキッチンリフォームをご紹介しました。

キッチンリフォーム施工価格のご案内事例
https://www.akogale-juukuukan.com/seihin_reform_kitchen.shtml

 

カテゴリー: キッチンリフォーム パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください