工夫次第で門扉デザインの幅が広がります

門扉のデザインも発想次第で素敵に大変身

群馬県桐生市

今回は門扉の劣化が激しくなってきた状態をかっこよくアレンジするリフォームとなりました。
コストも考慮したプランとなっており、材料を現場で加工する事でデザインと意匠性を強調させてみました。

これを使う!
というような固定概念は取り除いて発想してみると様々な素材や形が候補に挙がってきますね。
そこから生まれだしたデザインはひと際愛着が湧いてきます。

今回はオーバースライダーという車庫のガレージシャッターをイメージして門扉に対応してあります。

いかがですか!

留め付け方法には工夫が必要ですが、職方さんの微妙な留め加減でとてもスッキリと納まりました。

これから塗装をすることで更に素材が引き立ち、高級感と奥行きが感じられるようになります。
いつも考える事なのですがリフォームには限界が無いと本当にそう思います。

お客様とよく打合せをして、一緒になって造り上げる「共同制作」が達成感を高めてくれますね。

現状に適応した素材の活用方法ひとつでリフォームはもっと幅が広がっていきます!

今回は外構リフォームの現場加工をご紹介しました。

外装リフォーム施工事例
https://www.akogale-juukuukan.com/gunma_gaiheki_reform.shtml

カテゴリー: 投稿 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください