前橋 玉村町のリフォームは群馬の憧れ住空間へ!

リフォーム工房 憧れ住空間
憧れ住空間建築設計事務所

お見積・お問合せ・資料請求は0270-61-6155まで!平日9:30〜18:00まで受け付けています。

無料見積ご相談

電話でのお問い合わせ

0270-61-6155

営業時間/ 9:30〜19:00

定休日/ 土・日・祝日

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせ お問い合わせフォームへ

パック商品

  • 内装パッケージプラン
  • 外壁塗装パッケージプラン
  • 水廻り3点パッケージプラン

群馬のリフォーム事例

美容室増築 外壁サイディング

太田市
美容室増築

玉村町
外装重ね張り

増築ガレージ キッチン増築

太田市
ガレージ増築

伊勢崎市
キッチン増築

リビング増築 和室増築

桐生市
リビング増築

前橋市
和室増築

外壁塗装 重ね張り外壁

玉村町
外壁シリコン塗装

玉村町
外装重ね張り

重ね張り外壁 重ね張り外壁

玉村町
外装重ね張り

玉村町
外装重ね張り

リビング内装 和室改修

高崎市
フロア内装

玉村町
全館内装

玄関内装 LDK改修

みなかみ町
フロア内装

桐生市
LDK内装

フロア改装 キッチン入替

玉村町
フロア内装

玉村町
キッチン(シエラ)

システムキッチン模様替 キッチン改修

玉村町
キッチン(ラヴィ)

玉村町
キッチン(アレスタ)

システムキッチン交換 システムキッチン改修

玉村町
キッチン(ラヴィ)

高崎市
キッチン(シエラ)

浴室改修 システムバス入替

太田市
浴室(アライズ)

高崎市
浴室(インペリオ)

システムバス改修 システムバス模様替

みなかみ町
浴室(フェリテ)

桐生市
浴室(エメロード)

浴室改装 流し台増設

玉村町
浴室(アライズ)

太田市
美容室(水廻)

トイレリフォーム トイレ改修

玉村町
トイレ(ピュアレスト)

玉村町
トイレ(サティス)

トイレ模様替 トイレ リフォレ

太田市
トイレ(アメージュZ)

玉村町
トイレ(リフォレ)

群馬のリフォーム実績

キッチンをリフォームする キッチン施工事例
浴室を快適にする 浴室施工事例
洗面を使いやすくする 洗面施工事例
トイレを綺麗にする トイレ施工事例
外壁や屋根を塗り替える 外装施工事例
床や壁を新しく模様替えする 内装施工事例
間取りを替えて住みやすくする 増築改築施工事例
群馬県リフォーム補助金

リフォーム前の劣化状態

LIXIL リフォームネット

住宅あんしん瑕疵保険

憧れ住空間の始まり
HOME>

耐震診断




建築物の耐震診断の必要性


大きな地震が発生した時に建物は大丈夫なのか。潰れたりしないだろうか。
築年数が経っている建物ほど心配になるものです。経年劣化や建物のバランス、壁の強度や使用金物など専門家の目で診断チェックすることがとても大切になってきます。


■耐震診断の目的

大切な住まいだからこそ地震に強く、長持ちする強度を持たせたいと考えるものです。
建築法規によって建物強度は建築確認という手段のもとに必要耐力が確保されているものですが、時代の変化や環境によって日々変わってきていることも現実です。
そこで新築は言うまでもなくリフォームや中古住宅においても実際の耐力を診断する必要性が生まれ、それに伴う強度確保が要求されてきました。



■耐震診断方法

木造軸組み住宅に当てはめたお話になりますが、耐震診断には大きく分けて一般診断法と精密診断法に分けられています。一般診断法は建物全体を大きく括って診断する方法です。ですから結果としては厳しい数値が現れる傾向があります。
精密診断は一つ一つの部位を確認しながら細分化されたデータを当てはめていきますのでとても現実的で信憑性の高い結果が得られやすいと思います。
しかし事前の現地確認が入念に行われる必要性があります。

図で解説してある総合診断書になりますので現在の状況と補強後の比較が容易に確認できます。


※画像をクリックしますと拡大出来ます。

  耐震補強する方法又は部位や数が図で示してありますので揺れに対する補強効果の確認に大変役立ちます。


※画像をクリックしますと拡大できます。
総合診断書雛形   補強計画書雛形



■耐震診断の要素

壁の強度、地盤の強さ、建物形状、基礎の種類、金物の種類、劣化の度合い、床などの強さ、壁のパランスなどが挙げられます。
どの要素も全て大切な項目と言えます。
1981年の新耐震基準への移行から2000年までの新新耐震基準まで19年間で建てられた建物において今の耐震基準に当てはまった強度が確保されている割合が1割にも達していません。
この原因としては地盤の強さと金物の仕様、そして建物のバランスが組み込まれていない事に大きな要因があると思われます。




■耐震診断の目安

耐震診断を行う必要があるかの目安として下記内容を記します。

@1981年6月以降に建築した
A今までに大きな災害に見舞われたことがない
B今までに増築した事がない又は建築確認のもと増築を行った
C目視検査において屋根や外壁や基礎にひび割れやシロアリの被害はなかった
D建物の形状が比較的に四角形に近い形をしている
E一辺が4m以上の吹き抜けはない
F2階外壁直下に1階外壁又は内壁がある(2階壁が1階の柱や壁に乗っている)
G南側などに大きく偏った窓などの開口がない(4面バランスよく壁がある)
Hスレートや金属ルーフなど屋根には軽い材料を使用している
I基礎には鉄筋が配筋されている

上記10項目のうち当てはまる項目数を下記の結果に照らし合わせてください。

●10点評点:ひとまず安心と言えますが専門家に確認してもらう事も大切です。
●8から9点評価:専門家に確認してもらいましょう。
●7点以下:心配ですので専門家への早めのご相談をお勧めします。



耐震診断に基づく補強工事


耐震診断の結果によって耐震補強を行う場合は的確な補強が大切になります。
診断計算によって得られた情報を基に必要な部位を適切な方法で補強していきます。
大きく分けて下記方法が選択されるケースが多いですので一度ご確認下さい。


■耐震補強

耐震診断の結果に基づいて弱い部分への補強を行いましょう。
色々な角度からの補強方法がありますが費用を少なくしながら効果のある補強方法を選択する事が大切になってきます。補強方法の例を下記に記しました。

@耐震壁の設置
これは既存の壁の床と天井に触れない部分を取り除き、構造用合板などで面補強する方法です。
壁自他の倍率向上に繋がりますので直接的な補強工事が可能です。
※構造用合板の厚みや釘種、ピッチなどがとても重要になります。
     
構造用合板仕様   釘_縦ピッチ   釘_横ピッチ   構造用合板施工

A仕口金物の増設
これは筋交や柱の頭や脚の部分を強固に緊結して建物を崩れづらくする方法です。
一部の床や天井を壊す必要がありますので内外装リフォームを検討される時に同時に行うとコスト削減に繋がります。
     
筋交プレート   コーナープレート   柱脚プレート   耐震金物施工

B屋根材を軽くする
瓦屋根の場合に効果を発揮します。
瓦屋根を金属屋根に葺き替える工事などで耐震性能を向上させます。
     
金属ルーフ_葺替   金属ルーフ葺替   瓦から金属ルーフ   金属ル-フ葺替



■耐震補強までの流れ

建物を目でチェックします。

外壁や屋根、基礎などに浮き、ひび割れの目視確認を行います。
 ⇒ ご心配がある場合はお気軽にご相談下さい。

現状に適した的確なアドバイスをさせて頂きます。
 ⇒ 現地の目視調査を行います。

小屋裏や床下等の現況確認を行ってから耐震計画を作成致します。
 ⇒ 耐震計画が決まりましたら耐震補強工事となります。
打合せを重ねて復旧範囲やリフォーム部位などを決めていきます。
建物の目視確認   耐震相談   調査_耐震計画   耐震補強工事


お客様の声はこちら

Copyright(C) 2012 リフォーム工房 憧れ住空間 All rights reserved.